サプリメントを正しく摂取!避けるべき飲み方とは?

サプリメントを正しく摂取するためには

噛んだり砕いたりは避ける

まずは避けたほうが良い飲み方の一例です。
・噛む、砕く
錠剤な苦手な方や、大き目の錠剤の場合、口の中で噛んだり、あらかじめ砕いたりして飲む人もいます。
しかし、この飲み方は避けるべき飲み方です。

サプリメントの種類によっては、胃酸に弱い成分を使用していることがあります。
この場合、噛んでしまうことで胃酸の影響を受けてしまい、成分が本来の効果を発揮しなくなってしまうのです。
また、単純に味が変わってしまい、普通に飲んだ時に比べて帰って飲みにくくなるものもあります。

普通にはどうしても飲みにくい場合、薬を飲むときに使う嚥下補助ゼリーなどを使うことで、飲みやすくすることができます。
この場合は成分を壊すことなく、飲みやすくしてくれるため、おすすめです。

お水以外で飲むのは避ける

・ジュースやコーヒーで飲む
サプリメントは、薬と同様、水がぬるま湯で飲むことが推奨されています。
特にコーヒー等と一緒に飲んだ場合、カフェインなどの相乗効果により、せっかくのサプリメントの効果が損なわれてしまうこともあるのです。

また、アルコールと一緒に飲んでしまうと、吸収のスピードや速まり、期待できる効果がなくなってしまうことがあります。
こちらも避けたほうがいいですね。

ただし、種類によっては指定された飲み物と飲むことを推奨されているものもあります。
例えば、オレンジジュースなどと飲むと、相乗効果によりビタミンの摂取が活発になるものなどです。
この場合はしっかりと注意書きに書かれているため、よく読んでそれに従って飲むと安心です。


この記事をシェアする